ロッカーについて考える・・・ノーズロッカー

ロッカーの細部について

ロッカーはどのようにデザインされているのでしょ?

シェイパーとしてシークレットな部分でもあるので、基本的なことを説明したいと思います。

特にヨシノシェイプで興味を持ったモデルがどのようにデザインされ、自分が求めるサーフィンとそのモデルが適合するかも知るために知っておいて欲しいところです。

ノーズロッカー

ノーズロッカーはボードの先端部のロッカーです。

基本的にノーズロッカーのフリップを強めるほど、ボードは波面に刺さりづらくなります。

テイクオフでは掘れるブレイクでパーリングを避けられやすくなり、ライディングでも波のフェイスに刺さることなく、思いっきり攻めてもアールにフィットさせやすくなります。

またノーズリリースを素早く行えることで、ターンのキレも軽く感じやすくなるところもあるかと思います。

反面、厚くスロープの緩い波では、ノーズの強いフリップをつけると波にフィットさせて走らせるエリアが少なくなるので、パドルやテイクオフでの推進を得るのにデメリットな部分が生じて来ます。

以前からのスタンダードなデザインのボードは、長さを持たせた細くシャープなデザインでもあったので、先端のノーズロッカーを比較的強めにデザインしたものが主流になっていました。

現在はボードの長さが短いデザインが主流になって来ており、短さからのコントロールやターンのしやすさを得られ、また短くノーズワイドがあるデザインによりテイクオフの位置も早められることもあり、さほどノーズロッカーを強めていないバランスでのデザインのモデルもリリースされています。

波質を想定したノーズロッカー

スモールコンディション

ヒザ~モモ、セットでもコシ~ハラといったパワーレススモールコンディションでメインに使用するモデルのノーズロッカーの考えです。

波がパワーレスになりスロープも緩い波質になるコンディションを想定したコンセプトになるほど、パーリングは避けられやすいこともあり、テイクオフの走り出しの早さ重視やフラットフェイスでも加速を得られやすいようにノーズロッカーはフラット気味にデザインされていくようになります。

特にDANGANやHARD BALLなどのスーパーパワーレススモールウェーブモデルとして、長さも短くなるほどノーズロッカーは基本的にフラット気味にデザインされています。

モデルページではLOW(ロー)と表現しています。

特に短いパワーレススモールコンディションに特化したこれらのモデルでノーズロッカーを強めると、ノーズロッカーに関わるエントリーロッカーも強まり、ボードを走らせるプレーニングロッカーエリアも短くなるためスピードを得づらくなるからです。

スモール~ミディアムコンディション

コシ~ハラ、セットでムネ~カタといったアベレージエンジョイコンディションでのノーズロッカーの考えです。

このコンディションになって来ると、パワーレスでスロープの緩いブレイクや、厚く中々割れづらくてもブレイクすると掘れ気味にブレイクする速いブレイクなど、テイクオフ性能においてもパフォーマンスでのターンフィーリングにおいても様々なブレイクでの対応が必要になって来ます。

ミディアムウェーブコンディションにも対応しやすいようにボードの長さも少し長めに出来るので、エントリーロッカーとのバランスの中でも少々ノーズロッカー(フリップ)を強めたデザインになっています。

モデルページではMID(ミディアム)と表現しています。

オールラウンド

ハラ~ムネ、カタ~アタマ、オーバーヘッドといったサイズアップしたコンディションでもオールラウンドに対応できるノーズロッカーの考えです。

これらのコンディションになって来ると波のパワーも加わり、押しも強くなって来ます。

またコンディションによっては掘れるブレイクも増えて来るので、更にパーリング回避をしやすい考慮も必要になって来ます。

ボードの長さも更に長めにおすすめとなって来るので、比較的ノーズロッカーを強めることも出来ます。

モデルページではHIGH(ハイ)と表現しています。

以上、ノーズロッカーについて説明してみました。

ただノーズロッカーは、次に解説するエントリーロッカーとの繋がりのバランスもあり、また使用するポイントの波質とのバランスによってもチョイスは変わって来ると言えます。

次回はエントリーロッカーについて解説してみたいと思います。