スワロー系テールとフィンの相性

アクセルカーバーにバッチリなフィンセッティングを見つけた

スクエアスワローテールのアクセルカーバー

テールロッカーの強めなこのモデルで色々なフィンを試して来ました。

レイクの少ないアクセルレーターでは、回転性は良いけど、どうも駆動感がイマイチ。

サイズあるコンディションではテールのホールド感が緩く感じ、どうも駆動に繋がらない。

AMフィンは駆動もドライブ感も良く、中々いい感じだけど、どうもルースなフィーリングが強い。

そんな中でMFフィンが一番トータルバランスに調子よく感じていました。

でもちょっと何かと重さも感じる所が気になり、ボードの調子の良さは感じながらもモヤモヤした所もあり悩んで来ました。

そこでセンターフィンをアクセルレーターにしてみたり、パフォーマーにしてみたりとセンターフィンを少し小さくしたセッティングを試してはみたけど、抜けの良さは良くなった感じを受けながらも、やはりどうもシックリ来ないモヤモヤ感。

そしてひらめいた今日試したセッティング。

サイドはMFのL、バックフィンにMをセッティングしたら、MFの駆動やドライ物性の良さ、スピード性能の良さを保ちながら、テールの抜け良く何かと軽くなり、波を追うのも素早く、テイクオフの滑り出しも抜け良く早く、アプローチも軽くなり、速いセクションを抜けるのも信じられないほどスピーディーになり、このセッティングに夢中になってテイクオフを繰り返してしまいました。

ボトムターンでの安定とドライブの伸びもよくなり、トップアクションのタイミングも自由度が高まり気持ちよくリッピングも決めることが出来ました。

一気に今までのモヤモヤが解消されましたね。

セッティングから気付いたこと

スワローテールって、切り込みがあるのでテールが沈みやすくコントロールしやすくなるのがメリット。

テールが沈めやすいってことは、テールに更に抵抗が多くなるので、大き目なフィンは更に抵抗が増すということ。

また左右に尖った形状が、波に食いつくフィンのような効果も発生させると考えられる。

なのでスワローテール系のテールでは、センターフィンは小さくした方がコントロールバランスが取りやすいということなのではないでしょうか。

逆にスカッシュテールは反発高まるテール形状となり、センターフィンはそのままの大きさの方がテールが反発によって浮きやすくなっても、フィンがしっかり機能すると考えられます。

スカッシュテールでセンターフィンを小さくすると、テールの浮きに対してセンターフィンが抜けやすくなって、ルースなフィーリングが強まりターンの軽さを更に感じられるということなんでしょうね。

改めてつくづく気づかされ、またやっぱりフィンも重要だなと実感させてくれた経験となりました。

ロッカーとの相性もありますよね。

ぜひ色々試してみて欲しいです。

このフィーリングから、サイドをカーバーのL、センターフィンをカーバーのMといったセッティングにも凄く興味が出て来ました。

なんかまた新たな発見になりそうな予感♪