スモールコンディションからミディアムコンディションまでアベレージサイズでおすすめなFMJ

ヒザ~コシといったスモールコンディションから、ムネ~カタといったミディアムコンディションのアベレージサイズに大変おすすめなFMJ

インプレページに投稿が少ないのですが、オーダーいただいたお客様からは大変夢中とご感想をいただいていることもあり、このナイスなモデルを紹介したいと思います。

アウトラインの特徴としては、ワイド感あるノーズアウトライン。

緩やかに丸みを帯びたテールライン。

そしてこのモデル特有な、最大の楽しいターンフィーリングを生み出すテール形状。

マックスワイデストをボードの長さのセンターに設定した、クセのないコントロールのしやすさであるニュートラルコントロールなこのモデルですが、

従来のFMJはセンターからノーズにかけて、もう少しシャープなフィーリングでした。

現在おすすめしているNEW FMJは、センターからノーズ寄りに更にワイドを持たせてデザインしています。

これにより最近の割れづらいブレイクでも、ノーズ寄りをプッシュしやすくなり、厚いポジションからのテイクオフを早めることが出来ています。

その辺も「滑り出しが早くて余裕が凄く持てるんです!」などと好評いただいているところです。

このワイドにより、勿論パドリングも楽々です。

ロッカーは基本小波用コンセプトなモデルなので、ノーズロッカーは低くデザイン。

プレーニングエリアであるステージロッカーは、テールエリアまで長く設定してありスピード推進性も優れ全てにおいて加速がイージー。

そしてテールエンドには強めにテールキックをフリップさせており、瞬時なターンがキレの良さを感じ、ボトムターンからトップアプローチも瞬発力よく攻められるのもローロッカーベースながら魅力を感じてしまうところ。

アウトライン的に最も魅力に感じるテール形状は、ラウンドテール気味なラウンドスカッシュテールな感じのサムテール。

このテール形状がラウンドスカッシュのようなレスポンスの良さを感じ得ながら、ラウンドテールのようにニュル~といった感じのスムースでルースなソフトタッチなターンフィーリングを楽しませてくれるんです。

テールロッカーのあるボードのソフトタッチターンフィーリングにも近いと感じますね。

一見シャープに見えるのですが、全体的に乗るとワイドな感じと安定感が得られ、安定と余裕を感じられて攻めやすく乗りやすいですと、オーダーいただいた方から必ずお声をいただいております。

現在私のラインナップには浮力不足になりありませんが、次のシェイプでまたシェイプしてもらおうと思っています。

なんか、あの感覚、やっぱり楽しくて面白いんですよね。

HARD BALLよりも、更にノーマル感覚に楽しみたいときのローロッカーベースな板として、個人的には最も魅力を感じています。

このモデルにおいては、絶対このテールテンプレートがビンゴ!です。

特にEPSとの相性も抜群なモデルとも言えますね。

EPSだと滑り出す位置が早いので、さほど掘れなければアタマオーバーもいけちゃいます。

ユーザー様からのインプレッション