リファインコンケーブは何が違う?

今季リファインしたニューコンケーブ。

今までよりも更に初速を得られやすく、厚いセクションでも止まらない!と、すでにオーダーいただき乗られるユーザー様からも好評をいただいております。

ここ最近の波質として多い、割れづらいブレイク。

素直にブレイクしてくれる波は、波が盛り上がり短い距離で掘れ出してブレイクするので、ボトムの水流も素早く流れ込み初速も得やすくスムースに走り出すことが可能になります。

しかし最近のブレイクしづらい波質では、波が切り立つまでのスパンが長く、そういったブレイクで素早く初速を得て滑り出させるには、切り立つ前から少しでもボトムの水流をいかに素早く生み出し、素早く駆動と推進加速スピードへと導く必要性を考えるべきとコンケーブを見直してみることにしました。

そのためにリファインコンケーブはノーズからの水流を更に素早く生ませられるよう、更にノーズ寄りからの水流を素早く初速に繋げられるようロッカーバランスに合わせ掘り込んでいます。

そしてヨシノシェイプの丁寧なシェイプテクニックにより、全く水流に抵抗を生じることないよう、テールにむけてディープに掘り込んでいるのが特徴。

このテールよりのディープなコンケーブは、ドライブでの安定感高くフィット感に優れたポテンシャルを更に感じやすくなっており、エントリーからスムースに素早く流れ込む多くの水流により、高い揚力を生むことでターンフィーリングも大変自由度のあるコントロール性能を更に得られ軽くターンを楽しめるようになっています。

このコンケーブに流れる水流は、厚いマッシーセクションにおいても、水流を逃すことない感覚に強い推進へと変えてくれるフィーリングを更に得られやすくなっており、インサイドで再び生じてくるホローセクションにも繋げやすく、ロングライドに最後まできっちりアクションを楽しめるチャンスを増やし、更に満足度の高いポテンシャルを実感していただけるでしょう。

波が割れづらく「なんか引っかからないんだよなぁ~」といったイライラを感じてしまうコンディションでも、益々テイクオフに積極的になってしまうのは、個人的に感じる中でも約束出来るポテンシャルに生まれ変わっています。

今季から、全てのモデルでこのリファインコンケーブは調整の上に採用しており、すでにヨシノシェイプを今まで楽しんでいただいている方から、初めてヨシノシェイプを乗る方まで実感の上に満喫していただけるとおすすめできます。

この新たなリファインコンケーブの優れた推進力による走りは、今まで様々なヨシノシェイプに乗ってきた私自身病みつきになっているほど。

ぜひ多くの方に体感して楽しんでいただきたいですね。

ボトムに流れる水の流れを足にタイトに感じられるような走りとコントロールフィーリングは、益々思うようにライディングできる攻めやすさを楽しんでいただけることでしょう。