イージースピードパフォーマンスモデル・アウトライン&ロッカー比較

先日はテールカーブロッカーによるイージーターン&カービングパフォーマンスモデルについて説明してみましたが、次は推進スピード性能を得意とするイージーハイスピードロッカーを持つオールラウンドに対応するパフォーマンスモデルを比較。

ミディアムウェーブ対応モデル

オーダーいただくお客様の中で大変多いのが、あまり大きな波のコンディションでは避けてサーフィンするので、サイズアップしてもムネ~カタ、頑張ってもアタマくらいまでを楽しめるオールラウンドパフォーマンスボードをといった要望。

そんな要望に応えるミディアムウェーブ対応オールラウンドパフォーマンスショートボードとしてデザインされたのがMSRMSV

この2モデル、何が違うと言えば、テールエンドのデザイン処理。

まずはアウトラインから解説。

アウトライン

基本、アウトラインはどちらも同じテンプレートでデザインしています。

ノーズはシャープなフィーリングながらも、たっぷりとワイドを持たせてデザイン。

あまり大きくないミディアムウェーブコンディションを考慮に、パワーレスなコンディションでも波をキャッチしやすく機能しやすく広めにデザインしています。

テールデザインは好みに合わせてカスタムもおすすめ。

ベースロッカー

ロッカーは、ミディアムウェーブでのパワーレスなブレイクでも、スピード性能を最重視に考慮したステージ(プレーニング)ロッカーを長く取ったストレート気味なローロッカーベース。

このローロッカーのメリットとしては、パドリングでの海水面にピタッとフィットさせやすい安定感、またロッカーカーブによる抵抗が少なくできる高い推進能力によって、楽に速くと大変パドルがしやすく感じられるところ。

ミディアムウェーブコンディションと言っても、掘れる比較的パワーのあるブレイクであっても、パーリングを避けやすくとノーズロッカーは少々アップさせてはいますが、パワーレスブレイクであってもローロッカーデザインとの相乗効果に素早い滑り出しを可能に出来るバランスに設定されています。

パワーレスなブレイクでは厚いポジションからも素早い滑り出しとトップスピードを可能に、パワーのあるブレイクでは飛び出すかのようなロケットスピードテイクオフを楽しませてくれるのが、このイージーハイスピードデザインオールラウンドモデルの特徴とも言えます。

ボトムテールデザイン

ローロッカーベースのボードの走りは、ライディングで何もせずにただ乗っているだけでもイージーにスピードにのれるといった感覚を得られのが特徴と言えます。

まだボードコントロールにスピードコントロールが苦手なサーファーであっても、勝手にボードが走ってくれるかのようにスピードスキルをアップさせたいといったレベルにも最適なデザインと言えます。

よくオーダーいただき乗るユーザーさんから「まるでボードに導かれるかのように走っていきやすい」といった感想をいただくところが、この感覚だと思います。

ブレイクのスローなパワーレスブレイクであっても、この走破性に優れたポテンシャルがロングライドに繋げやすくなるといったメリットに、レベルアップのきっかけも作りやすくなると言えます。

ローロッカーベースデザインのMSRとMSVの違いは、テールエンドのボトムデザインです。

MSRはパワーレスなブレイクも想定した中で出来る限りテールエンドまで「ボードを走らせるエリア」をキープにロッカーを設定し、センターフィンの後方からテールエンドにかけてフリップさせたキックロッカーを採用しているところ。

このキックロッカーは、ターンの際にテールエンドのフリップを利用することで、スナップさせたターン、クイックなターン、鋭角なアプローチでの瞬発力のあるターンなどを駆使しやすくなり、ハイパフォーマンスなサーフィンへと導きやすくなっています。

スケートボードのフリップの反応をイメージすると理解しやすいのではないでしょうか。

ただテールコントロールでの反応が高くなるため、ハイパフォーマンスを攻める上級者、またハイパフォーマンスを目指し練習する中級者向けにおすすめできるデザインと言えるでしょう。

MSVはテールキックを設けることなく、テールエンドをVEEアウトさせているデザインになっています。

テールエンドをVEEアウトさせることで、テールコントロールに軽さを感じられたり、その軽快なコントロール性からレールワークも軽く感じられるといったメリットを得られます。

またドライブの効いたターンをテールをルースに抜きやすく、ボードコントロールに自由度を増すといったメリットも得られるようになると言えます。

ドライブ&バーティカルアクション優先というよりは、ドライブ&スムースターンアクション優先といったところでしょうか。

このように、ミディアムウェーブまでのオールラウンドパフォーマンスモデルとしてMSRかMSVで悩まれた場合は、自分の現状から今後のボードコントロールスキル、そして求めるパフォーマンスサーフィンの度合いやスタイルといったところを考慮にチョイスされることがベストチョイスになるのではないかとおすすめできます。

いずれにしても、推進スピード性能、ドライブ性能といった推進スピード性能が得意なミディアムウェーブオールラウンドパフォーマンスモデルとしておすすめです。

センターワイデストによる配分のアウトラインデザインは、ニュートラルなフットローテーションでのナチュラルなボードコントロールを魅力とします。