EPSブランクスのフィーリング解説

ヨシノシェイプでも多くの方がオーダーをいただくようになったEPSサーフボード。

セルの密度が粗い以前のEPSとは違い、現在の高密度EPSブランクスは「EPSのデメリット」として敬遠されていたところが改善され、PUフリークだったお客さまもEPSのフィーリングや魅力にハマってきています。

これを書く私自身、小波でのEPSのメリットや魅力を多く感じており、今や当たり前にスモールコンディションでFMJモデルのEPSに日々乗るフィーリングやメリット、またお客様からのフィードバックを聞いてきた中でのフィーリングやメリット、またPUと比べデメリットに感じているところを書いてみたいと思います。

以前の 敬遠されていた EPSのデメリットとして言われていたことに沿って、解説してみようと思います。

まずは高密度EPSと以前のEPSの素材感の違いは?

以前EPSブランクスとして販売されていたフォームは、セルの密度が粗い発砲スチロールのような素材でした。

セルとセルの間に空気層が多く、EPSでの色々なデメリットを感じ好みの分かれるとことが生じていました。

現在ヨシノシェイプで採用するEPSブランクスは、見た目セルの隙間を全く感じないほどの高密度な仕上がりとなっており、ブランクスの断面はまるでPUと見分けがつかないほどの仕上がりとなっています。

このセルの密度の高さが、従来のEPSでの様々なデメリットを改善されているのです。

従来のEPSサーフボードで感じたデメリットの改善性能

〇黄ばみが早い

高密度にブランクスを改善するだけでなく、白さ際立つように作られており、エポキシ樹脂も黄ばみにくいようにUV対応にも改良されているので、PU同様に極力日に当てず保管することで白さを持続できるようになっています。

〇軽い分だけ安定感に欠ける

以前のEPSブランクスは空気層も多かったので、独特と言える浮力感を感じていたところがありました。

高密度EPSブランクスは、空気層が大変少ないため、浮力感もPUよりも少しあるかなと感じる程度になっているため、特に風などで波面が荒れている時はPUよりもふらつくフィーリングを感じるものの、抑えて乗ることができるため不安定までとデメリットは感じなほどに改善されています。

上手くこの高密度EPSの反発を使ってコントロールすることで、パドリングやライディングでも推進力に繋げられるメリットを感じるところもあります。

面が良いコンディションでは、この浮力感と反発の良さが、格段にメリットへと導いてくれることでしょう。

〇軽さや硬さが仇となって、リッピングの時に弾き飛ばされたり、返し遅れたりする

高密度EPSブランクスは、軽さだけでなく、ハリのあるフレックスやレスポンスの良さも感じられるようになっているので、ボードの返しも軽く、リリース後の前に進もうと走る推進スピード性能も素早くなっています。

PUよりも格段にアクションでの軽さやリリースの素早さを感じられることでしょう。

PUでは粘りのあるタイトリリースなアクション、それに比べ高密度EPSは軽快で素早いリリースのアクションといった感じで好みが分かれるのではないでしょうか。

パワーレスでブレイクしづらいコンディションでのアクションは、格段にEPSの方がメリットと感じられる部分は多いと思います。

〇レールが入れづらく感じたりボトムに降りづらく感じる

確かに高密度EPSでも、PUに比べ浮力感が高まるところは感じるため、レールボリュームによってはレールワークがしづらいといったデメリットは生じて来ます。

ただし、ヨシノシェイプでは、このレールワークのしやすさも考慮に、PUよりもレールエンドを少しシャープにシェイプするように仕上げています。

このシェイプにより、高密度EPSのレスポンスの高いメリットを活かせたレールワークを可能とし、パワーレスなブレイクでもPUよりも更なる推進スピードへのメリットや魅力を感じられるようになっています。

パワーレスなスモールコンディションや、マッシーブレイクのフラットフェイスセクションでも、気持ちよいレールワークをイージーに行えるようになり、更なるロングライドに繋がるメリットも得られるようになるでしょう。

程よい浮力感とハリのあるレスポンスにより、ボトムへのダウンザラインも容易としてくれ、ボトムを取りづらいとといった従来のEPSでのデメリットも気にすることなく攻められることでしょう。

確かにPUに比べれば、ブレイクによってはちょっと落としづらいなと感じることもありますが。他のメリットとのトータルバランスを考え合わせて乗るように楽しめば、まずデメリットまでと感じることはないのではないかと思います。

〇ボトムターンでのタメを作りづらい

高密度EPSによるレスポンスの良さは、浮力を少々感じながらもしっかりと踏み込めるポテンシャルを持っています。

そのためボトムターンでもしっかりボードを踏み込め、レールワークもしやすくボトムターンを攻めていけます。

ボトムターンからトップへのアプローチは、浮力と高レスポンスにより、更に素早く駆け上がれるフィーリングがあり、ひとつのリッピングの流れが一瞬に感じるほど素早く攻めることを楽しめる面白さがあると感じます。

〇しなりづらく(フレックスが少なく)硬い乗り味で弾かれフワフワしたフィーリングで乗りづらい

以前のEPSサーフボードの乗ったフィーリングの多くは、「硬い!」「弾かれて乗りづらい!」「フワフワしてコントロールやレールワークがしづらい!」などといったデメリットなフィーリングを多く聞き、これを参考に敬遠されていたPUフリークの方も多かったのではないでしょうか?

しかし高密度EPSブランクスでは、こういったデメリットを気にすることなく感じることもなく、コンディションによってはPUよりも更にレスポンス(反発)や浮力を活かすことができ、メリットや魅力として感じられるところが多いです。

PUフリークとしてEPSを敬遠したり偏見を持たれていた方でも、PUのアップデートブランクスとして新鮮な面白さを知るきっかけにもなるのではないでしょうか。

〇クラッシュすると水が抜けづらい

従来のEPSブランクスは、セルの繋ぎ目が粗く、クラッシュした海水が毛細血管状態にブランクスの奥まで侵入し、修理するにも中々水が抜けずデメリットとなっていたところがあります。

水抜きするにも完全には抜ききれず、妥協に直し強度が弱まるといった恐れもありました。

しかし高密度EPSはほぼ海水の侵入が少なく、渇きも速く、修理の時間も少なく済むといったメリットを得られるようになっています。

〇剥離などの恐れが多い

密度が粗く、空気層の多い従来のEPSブランクスは、熱にも大変弱くボードにダメージを与える恐れもありました。

高温の車内などに長時間放置しておくことで、ボードが熱を持ち、温められた空気層の空気が膨張し、剥離などの障害に繋がってしまう恐れがありました。

高密度EPSでもやはり熱には弱いところがありますが、空気層が少ないことで膨張を避けられやすく、強度が高まっていると言えます。

ただし、やはり高温な車中に積んでいる時は、車内に熱を持ちづらくするため少し窓を開けて熱を逃がすとか、極力長時間は車の中に積んだままにしないといった注意は必要です。

〇オフショアの強い風に煽られ降りづらい

以前のEPSは軽く硬く、中々ボードへ荷重を伝えるのも難しく、オフショアが強い日などはボードが煽られ中々前へと落としづらく、テイクオフをしづらいといったデメリットがよく言われていました。

高密度EPSもやはり軽いので、特に強風なオフショアコンディションなどでは、PUに比べれば落としづらいといったところは感じますが、かなり改善されていると言えます。

そんなコンディションの日でも、上手くタイミングや荷重を合わせることが出来れば、まず気になることなくテイクオフからアプローチ出来ると感じています。

高密度EPSサーフボードのメリットと魅力に感じるところは

PUも好んで乗っている私としては、高密度EPSサーフボードは、パワーレスなブレイクやスモールコンディションでPUよりも断然高いメリットや魅力を感じます。

浮力、反発(レスポンス)といったポテンシャルを、PUよりも更にそういったコンディションは推進や加速と繋げられやすく、アクションでの加速にもメリットとして感じるところが多いです。

ウネリのパワーを伴ったオーバーヘッドとサイズの大きなコンディションでは、大きなドライブの効いた走りとターンを要し、また様々にタイトなコントロールが必要となって来るのでPUの方を積極的に好むところはありますが、

やはり波が小さくパワーレスなコンディションになるほど、パドル・テイクオフ・ライディングなど様々に推進力もアップする独特とも言えるポテンシャルは、強い味方となってくれるメリットとなるポテンシャルが魅力に感じます。

台風一過や大きな低気圧通過後のクローズから落ち着きだした、まだまだハードでオーバーヘッドなハードセッションなどはまずサーフィンすることなく、オールラウンドにもアタマくらいまでとアベレージなコンディションではサーフィンするといった方なら、小波だけでなくEPSのメリットを活かしたサーフィンを楽しんでみるのも面白いかとおすすめできます。

実際PUフリークだったお客さまでも、高密度EPSのメリットや魅力にハマり、もっぱらEPSフリークになってしまった方も居るくらいです。

まずは一度試されてみて、自分はどちらを好むかも知ってみると、今後のサーフィンライフに更なる発見や面白さも得られるようになるのではないでしょうか。

EPSね~、どうもね~といった敬遠や偏見は、確実に違うものになるのではないでしょうか?

やはりPUにはPUでのメリットや面白さ、EPSにはEPSでのメリットや面白さ、そして魅力があるとおすすめできます。

とにかく、パワーレスな割れづらい波のコンディションでのテイクオフ性能は、断然EPSの方が有難みを個人的には感じ魅力にも感じています。

一度滑り出すと、ボードの軽さなのか、ウネリの段階でも吸い付いたかのようにウネリに吸い付いたかのように滑り出して行ってくれるフィーリングは、乗れない波はないのではと思えてしまうほど自信にもなってしまっています。

EPSブランクスのページ⇒ https://www.firm-d.org/eps.html